スポンサーサイト

公開日 : --/--/-- (--)
カテゴリ : スポンサー広告
<< ブログトップ >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Keisuke's Logon Time Limiter 2.0 Beta 8 リリース (2011/06/25)

公開日 : 2011/06/25 (土)
コメント : 0 件 | カテゴリ : リリース告知
<< ブログトップ >>

本日、Keisuke's Logon Time Limiter 2.0 の Beta 8 ビルドをリリースしました。

Beta 8 ビルドでは Keisuke's Logon Time Limiter の各種ツールの起動が設定ユーティリティ上からできるようにしたのと、強制終了対策方法の見直しが主なバージョンアップ内容となっています。

まず、前者は正式版になった時に各種ツールの呼び出し手段がほぼスタート メニューのみだとさすがに不便だと思い、設定ユーティリティからでも各種ツールを呼び出せるようにしました。(メニュー バーにツール メニューが追加されています。)

ツール メニューからは Notification Service のセットアップ画面やバックアップ ツールをその場で起動させることができるようにすることで、本ソフトウェア関連の設定が設定ユーティリティ一つでほぼ完結できるように改善を図っています。

でもって、一番のメインは実は後者だったりします。

動作を検証していたところ、プロセス保護を掛けた状態で動作させた場合、Windows サービスとの連携ができなくなり、Windows 7 以降になるとさらにジャンプ リストが利用不可能になるという弊害が発生することが判明したため、これを打開するべく新規に kslHelper.exe ツールを作りました。

このツールは Keisuke's Logon Time Limiter の強制終了を感知するための監視プログラムで、正規の方法で終了させなければすぐに再起動を試みます。一方、本体側も kslHelper.exe の強制終了チェックを行っており、こちらが落ちた場合は本体側から kslHelper.exe を再起動させます。

上記の形でお互いを監視する方法を採ることで強制終了による無制限化を回避しています。こちらの方法を採った理由として、タスク マネージャから強制終了リクエストが送られてきてもすぐに再起可能であることや、従来通り Windows 7 のジャンプ リストや Windows サービスとの連携が可能になることが挙げられます。

そして、ドキュメント類もほとんどで 2.x 系への対応が完了し、あとはほとんどヘルプを整備するだけの状態となりました。来月には RC 版に格上げし、早くてお盆には正式版をリリースできるかと思われます。

ただ、動作調整は引き続き実施していきますし、不具合報告はいつでも受け付けておりますので何かありましたらお気軽に報告いただければと思います。不具合報告は Keisuke's Home Page のトップページにある E-mail でも受け付けておりますのでご利用くださいませ。

コメント一覧

コメントする















管理人のみ確認可能にする

| ブログトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。