スポンサーサイト

公開日 : --/--/-- (--)
カテゴリ : スポンサー広告
<< ブログトップ >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Keisuke's TwittPlayNow for WMP 1.01 リリース (2011/07/06)

公開日 : 2011/07/06 (水)
コメント : 0 件 | カテゴリ : リリース告知
<< ブログトップ >>

バッググラウンド プラグインに不具合が見つかったため、本日急遽バージョンアップを行いました。

今回リリースした 1.01 はバックグラウンド プラグインをアンロードしようとした場合に Windows Media Player が異常終了してしまう不具合が見つかったため、それへの修正がメインとなります。

厳密に言えば、通知用に専用スレッドを立ててそこで処理を行っているのですが、その後始末に問題があり、アンロードリクエスト受信時にスレッド終了時の戻り値が得られるまで待機するように設計したのがまずかったようです。

そこでアンロード時は待機ではなく、抹殺することで対処しています。専用スレッドではそもそも通知するときだけ専用バッファの確保、データの取得から解放まで必要なことをすべて行っているので、何も処理しておらず、曲が変わるのを待っている状態でなら TerminateThread しても問題ないと判断しました。

そもそも、曲情報の取得等を担うオブジェクト群はすべて Windows Media Player 本体が握っていてそれを利用しているだけであり、プラグイン本体ではアンロード時に専用スレッドを抹殺するだけです。言い換えれば、アンロード時にするべきことがないということになるので待機させる必要性もないわけです。(というよりも、Windows Media Player 用プラグインでは、アンロード時に待機させるのは今回のように異常終了を誘発する原因になるのでやめた方がいいと思われます。)

あと、クライアント ツールも更新しており、新たに投稿テキストに既定値を設定しました。設定されていない状態では以下のテキストが既定値になります。

今この曲を聴いてます : %title% / %artist% on '%album%'

上記は 1.01 を新規でインストールした環境での話であり、1.0 からバージョンアップした環境では設定されていたものがそのまま使われますのでご安心ください。

基本的に Windows Media Player が起動しておらず、クライアント ツールの常駐を解除している状態であれば、上書きバージョンアップで対応できます。

なお、更新履歴には書いてませんが、アルバム名の扱いについて 1.01 でアルバム名が入っていない曲にあたってしまった場合の動作を改善しています。アルバム名がない場合は「アルバム名なし」が入るようになっていますので、アルバム名を含めて自動投稿している場合はご注意ください。

コメント一覧

コメントする















管理人のみ確認可能にする

| ブログトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。