スポンサーサイト

公開日 : --/--/-- (--)
カテゴリ : スポンサー広告
<< ブログトップ >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Keisuke's Common Library 2.0 リリース

公開日 : 2010/01/01 (金)
コメント : 0 件 | カテゴリ : リリース告知
<< ブログトップ >>

新年明けましておめでとうございます。
今年度最初の更新です。

本日 (2010/01/01)、ksCommon.dll をメジャーバージョンアップ (1.5 → 2.0) しました。

2.0 では関数名の変更といった互換性に関する変更から新関数の追加、IA64 環境への正式対応まで多岐にわたっています。

並行して開発している Keisuke's Backup とは異なり、こちらは Visual C++ 2005 Express Edition (IA64 版のみ 2005 経由で Visual C++ 2008 コンパイラ) で作成していますので、引き続き Windows 98/Me にも対応しています。開発環境は 1.x 系同様 Visual Studio 2005 シリーズと同 2008 シリーズに対応します。

既存の関数名の変更 (とはいっても頭に KSC が付いただけですが…) により、旧バージョンのライブラリを使ってビルドしたプログラムは最新版に差し替えた後リビルド作業が必要になります。

また、2.0 から DLL 要らずで利用できるいわゆるスタティック版が廃止となり、DLL 同梱必須となる動的リンクのみの対応となっているため、スタティック版を利用していた場合はプロジェクトの修正が必要です。なお、ソース コードについては修正不要です。

旧関数を使用しているコードは通常修正しなければなりませんが、2.0 では 1.5 からスムーズに移行できるよう、旧関数名で新関数へリダイレクトするマクロをヘッダ ファイルに定義しています。これによって、ソース コードを修正することなく移行することが可能になりますが、前述の通りスタティック版が廃止となっているため、スタティック版を使っていた場合は参加させる LIB ファイルを動的リンク版 ksCommon.lib に修正のうえ、改めてリビルドしていただく形となります。

公開した 2.0 ですが早速 Keisuke's Backup で採用する予定です。

コメント一覧

コメントする















管理人のみ確認可能にする

| ブログトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。