スポンサーサイト

公開日 : --/--/-- (--)
カテゴリ : スポンサー広告
<< ブログトップ >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サーバー障害の復旧とお知らせ (2010/02/10)

公開日 : 2010/02/10 (水)
コメント : 0 件 | カテゴリ : お知らせ・障害情報
<< ブログトップ >>

2010/02/08 午前から 2010/02/10 18:20 頃までホーム ネットワークにおいてプロバイダ アカウント停止の影響による障害が発生していました。

約 1 日半と長時間に及ぶ障害により、サーバー機の稼働が不可能となり長らくインターネットが切断された状態になっていたため、アクセスが長らくできない状況になっていましたが、現在は復旧しており、正常にアクセスが可能となっています。

長時間に及ぶ障害によりご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

上記とは別件になりますが、もうひとつお知らせがあります。

先日ネットワーク障害発生中に Keisuke's Backup 2.0 Beta 2 のリリースに向けてデバッグ作業を行っていたところ、プログラム ミスにより保存してあったマイ ドキュメント内のデータが消失してしまいました。バックアップ先のジョブ フォルダを空にしないといけないところを、SetCurrentDirectory() 関数の引数を間違えていたために不測の事故を引き起こす結果となりました。

最悪なことにここ数ヶ月間バックアップを取っていませんでした。

消失したデータの中には今まで開発・公開してきたソース コードも含まれており、最悪なことに現在開発中のこのソフトのソース データにまで及んでしまいました。幸い、Web サイト用のデータと HSP 時代にビルドしたデータは無事でしたが、Visual Studio シリーズに変更して以来のデータの半分以上がなくなってしまいました。

なお、すぐにクラスタから吸いだせる、いわゆる復元ユーティリティを使用したため、Keisuke's Backup については不完全ながらも復旧することができました。しかし、肝心のコア部分を担うソース コードとクリップ ボード関連を担うソース コードが消失し、同梱する予定となっているツールのソースも一部欠けた状態になりました。

ただ、こちらは幸いにも消えたのがリソース関連だけだったため、こちらはすぐにでも作り直せる状態ではありますが、問題は Visual C++ 2005 Express で開発したソフトウェア群です。

WMP Skin Editor については幸いにもバージョンアップと同時にそのソース コードも同時公開していたため事なきを得ましたが、3.5 Beta 1 リリース当時まで逆戻りしてしまいました。が、メモリリーク問題を抱えている可能性があるため、どちらにしても最初から作り直さないとダメかもしれません。

Keisuke's Software シリーズでは主要ソフトの一つとなっている Keisuke's Logon Time Limiter は残念ながらソース コードがクラスタからも完全に消失してしまったため、不具合修正ができなくなりました。このため、次回バージョンアップ時はもう一回最初から作り直しです。

コモン ライブラリ (ksCommon.dll) についても当日中にほぼ復旧できたため、こちらはバージョンアップを継続できる状態ですが、Keisuke's Update Checker 用のアクセス ライブラリはソースごと消えてしまったため、こちらは完全に開発ストップとなる公算が大きくなりました。

バックアップを怠ったばかりにソース コードだけでなく保存していた音楽や動画も消えたため、音楽鑑賞しながら~の作業ができなくなりましたので開発の効率が落ちるのは必至です。

教訓 : バックアップは怠らないようにしましょう!

コメント一覧

コメントする















管理人のみ確認可能にする

| ブログトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。