スポンサーサイト

公開日 : --/--/-- (--)
カテゴリ : スポンサー広告
<< ブログトップ >>

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Keisuke's Logon Time Limiter 2.0 Beta 7 リリース (2011/05/28)

公開日 : 2011/05/28 (土)
コメント : 0 件 | カテゴリ : リリース告知
<< ブログトップ >>

Beta 7 ビルドが出来上がりました。

Readme ファイルおよび History ファイルの更新も終わり、リリースの準備が整いましたので本日付で Keisuke's Logon Time Limiter 2.0 の Beta 7 ビルド (2.0.2011.528) を公開しました。

Beta 7 ビルドでは曜日別モードで報告のあった不具合の修正と新機能の追加が主な内容となっています。

前回の設定一括反映とは別件でもう一つ課題があり、それを解消するために用意したのが今回取り入れた新機能となります。その課題というのは Keisuke's Logon Time Limiter の設定データの退避です。Beta 6 ビルド以前と 1.x 系では設定のバックアップとリストアが容易でなかったため、コンピュータを置き換えた場合や、リカバリした場合、または Windows を別のバージョンに置き換えたりした場合に再設定を余儀なくされた方も多いと思います。

そこで、再設定の手間を軽減できるように、今回新機能として Keisuke's Logon Time Limiter バックアップ ツールを新規に作り、Beta 7 ビルドより同梱しています。こちらの機能は前回の Windows サービス機能とは異なり、Windows 98/Me 版でもサポートされています。

今回作成したバックアップ ツールでバックアップすると、1 つのファイル (*.kslb) にすべての設定がまとめてバックアップされます。(個別に選択することはできません。)

ただし、復元時はその中から復元したい設定項目が選べるようになっています。たとえば、ユーザーの制限時間設定のみを復元することも可能です。なお、ユーザー別に復元することはできず、すべてのユーザーの制限時間設定が復元されます。(これはグループも同様です)

また、オプション設定についてもパスワード ロック機能の兼ね合いから、パスワード ロックの設定についてはそのまま使うか置き換えるかユーザー側で選択できるようになっています。このような仕様もあり、バックアップ ツールの起動もパスワード ロック機能の対象となっているので同機能が有効になっている場合は起動時にパスワード入力が必要となります。

ちなみに、History ファイルには記載していませんが、Notification Service の設定画面の UI 表記を修正しています。こちらについては次のビルドで追記する予定です。

コメント一覧

コメントする















管理人のみ確認可能にする

| ブログトップ |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。